前髪伸ばしていた時期は2回だけ!?

私は小さい頃から成人するまで、基本的には前髪が

眉毛ぐらいまでにパッツン状態というのが定番でしたね。

 

 

小学生のときと高校生のときに、一度ずつ前髪を

伸ばしていた時期もありました。

 

 

でもあれって結構大変なのですよね、伸ばしている

過程というときが。切りたくても切れない、

しかも耳にかけられない長さで邪魔になる、

など面倒な部分がありました。

 

 

伸ばしてしまえば楽になりますが、そこまで伸びた

時点ではそろそろ前髪パッツン状態が懐

かしくなってしまい、結局また切ってしまう

なんていうことがありました。

 

 

私は多分前髪が眉の上にある状態が一番落ち

着くのだと思います。

 

 

額が隠れている方が精神的にも何だか安心という

感じもしますね。

 

 

性格と関係あるかどうか分かりませんが、

もしかしたら自分の考えていることを

読み取られたくないという気持ちが少しは

あるのかもしれません。

 

 

カバーされている方が安心なのかもしれませんね。

 

 

そして人は顔が隠れている部分が多いほど

良く見えると言われてもいますしね。

 

 

マスクしている方が美人に見えると

言われていますし。

 

 

今日の私も前髪を眉の上まで下し、

マスクをして出かけてきます。

 

小児円形脱毛症

円形脱毛症はストレスだけが原因ではないと知ったのは、

子供が2歳の時のことでした。

 

子供の右側頭部に小さな脱毛部を見つけたのです。

 

 

親指の爪くらいの大きさで、私はヒヤリとしました。

 

 

私自身過去に何度か円形脱毛症を発症しています。

その原因は仕事でのストレスでした。

 

まだ2歳の子供に何らかのストレスがかかって

いるのかもしれないと私は自分を責めました。

 

 

そして直ぐに近くの皮膚科へ行きました。

 

 

そこで半年ほど治療を受けていましたが、

脱毛部は治るどころかどんどん拡大し、

個数も増えていました。

 

 

私の希望により、大学病院を紹介してもらい

そこで色んな検査をしましたが、結局原因は

分からずじまいでした。

 

 

ただ、担当医がとても熱心な良い方で、

幼い子供の円形脱毛症はストレスが原因でないことが

ほとんどですと教えてくれました。

 

 

自己免疫疾患だそうです。成長とともにおさまるかも

しれないし、すべて抜けてしまうかもしれない。

 

 

それは今の医学ではわからないと謝られました。

 

 

ただ、漢方などの治療法は幾つかあるとのことで、

それを試すことにしました。

 

試したのは漢方薬と塗り薬でした。どちらも

副作用のほとんどないもので安心して

使用できました。

 

 

その後、子供は生えては抜けを繰り返しましたが、

4歳になる頃にはすっかり元通りになりました。

 

現在漢方薬だけは続けていますが、諦めずに

治療を続けて良かったと思います。

 

 

 

 

一見黒髪に見える私

よくSNSなどに自分の写真を投稿すると「黒髪美少女」と

褒めてくれる人がいます、もちろん美少女の部分は

お世辞だと自分でも分かっていますが。

 

 

嬉しいコメントではあるのですが、実は写真で

見えるほど本当にそこまで黒髪ではないのですよね。

 

 

多分遠くから見たら黒髪に見えるのでしょうけど、

近くで見たら結構茶色いです。そもそも小さい頃から

色素が薄目の子で、髪の毛は5、6歳まではかなり

薄い茶色だったので後ろ姿だけ見たら外人の子かと

思われるぐらいだったみたいです。

 

 

顔は日本人ですけどね。思っていたのですが、

フィギュアスケートの羽生選手はとても

髪の毛が黒いですよね。多分間近で見ても

真っ黒なのだろうなと思わせるような

黒髪ですが、是非チャンスがあったら

間近で見てみたいものです。

 

 

そういう真っ黒な髪の毛、憧れます。

 

 

私も間近で見ても真っ黒な髪になりたいものです。

 

 

友達は逆に自然に髪が茶色い私が羨ましいと

言ってきますが、結局皆ないものねだりなので

しょうね。

 

 

私は髪の毛をカラーしたことありませんが、

たまに試しに黒く染めてみたらどれぐらい

黒くなれるものなのか試してみようかと思ったりします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です