パンテーンのシャンプーも進化

パンテーンのシャンプーも進化したような

気がするのです。

 

 

パンテーンのシャンプーは小さい頃から使ってきましたが、

色々進化し続けているのですね。

 

 

今まではシャンプー、コンディショナー、トリートメントと

全て別のものになっていましたが、つい最近の

コマーシャルで分かったのが、トリートメントと

コンディショナーを一つにしたものが発売されたみたいですね。

 

パンテーンは少し使用のステップが多かったイメージです。

 

トリートメントを使う場合はコンディショナーを

省く場合が多いと思いますが、パンテーンのパッケージの

説明には、トリートメントを使う場合はシャンプーと

コンディショナーの後に使うようにと書いてあります。

 

3回も髪の毛をすすぐのも疲れますし、髪の毛への

負担も大きそうですよね。

 

トリートメントとコンディショナーが

一つになるのは助かります。

 

今は一時的にパンテーンとはまた違うブランドの

シャンプーを使っていますが、それがなくなったら

またパンテーンに戻し、トリートメントと

コンディショナーが一つになっている「トリコン」というのを

是非試してみたいと思います。

 

 

これからの季節に合ったヘアカラー

何となく季節に合ったヘアカラーを楽しんで、

遊び心のある髪の毛にしたい!なんて思い立ったんです。

 

なので、思い立ったら吉日!なんていう言葉も

あるように私はすぐにこれからの季節に合った

(もちろん自分に似合う)ヘアカラーに美容室で

やってもらおうかなと思っているところです。

 

どんなヘアカラーがいいかな・・・なんて考える

だけでなんかわくわくしちゃいますよね!

 

ヘアカラーで結構人の印象って変わりますから、

とにかく私の中ではヘアカラーってかなり

重要だと思うんです。

 

でもあまりやりすぎは髪の毛が痛みすぎちゃうのが

嫌なので、気を付けますけどね。

 

できることなら、ちょっとカラートーンを

抑えて暗めの色で、それでもおしゃれに見えて

重たくならないようなヘアカラーにして、

様々な髪の毛のアレンジを楽しみたいな~

なんて思ったりもしているんですけど、

私のこのイメージは実現するのかどうか・・・。

 

ちょっと気になりますが、早速これからの季節に

合ったヘアカラーにしてもらうために、美容院に

予約を入れようと思います。

 

 

髪の毛はハゲてからが面白い

髪の毛がハゲました。こんなにわかりやすく

自分の容姿が変貌することは成長期を過ぎてから

それほど体験するものではありません。

 

ハゲる。特に髪の毛を痛めるようなことを

したわけでもなく、自然とハゲてしまう。

 

こんなに困ることはありません。僕はハゲたら

坊主にする。

 

そう小さい頃から決めていたので、

潔く坊主にしました。

 

そうすると、あれ?意外といいかもと

思うようになりました。

 

坊主は朝の楽さがハンパないです。

 

 

寝ぐせもない、髪のセットも必要ない。

とても朝が簡単になるのです。

 

 

そして帽子。帽子をかぶることで髪の毛が

ペタンとなることもないので、キャップや、

ニット帽をかぶるのに抵抗がなくなります。

 

なにより、帽子ってオシャレアイテムとして

凄く便利なんですよね。

 

定番の帽子を手に入れるだけで、いろんな服の

組み合わせが増えますし、服選びをする時に、

帽子をプラスすることで、楽しさが増すんですよね。

 

坊主頭をさらす時と、ニット帽をかぶるときでは、

印象が全く違います。

 

髪の毛はハゲてからが面白い。

自信を持って宣言できます。

 

 

加齢でくせ毛?

私は生まれた時からよく褒められるサラサラの直毛で、

いいところを生かすためにロングヘアにしていることが

多かったです。

 

他はこれと言って秀でた所のない外見ですが、

髪だけは自慢でしたね。

 

でも、30歳過ぎた途端、急に髪に癖がでてうねるように

なってしまったんです。

 

それまで素直な髪と美容師さんに言われていたのに、

くせ毛なのでこういうヘアスタイルが合いますよ、

とアドバイスされた時はショックでしたね~。

 

薄々自分でも癖になったなと思っていたんだけど、

プロに言われるとね…。

 

そこで、髪質を少しでも良くするため、生活や

シャンプーを見直してみることにしました。

 

それまではロングヘアなのでトリートメント剤を

良く使用していましたが、髪よりも頭皮自体に

いいとされるヘアケア用品に変更!

 

思い切って髪は30センチくらいバッサリ切りました。

 

加齢によってくせ毛になる人が多いそうですが、

毛穴が変形してしまうことが原因になると聞いたので、

目指せエイジレス頭皮を目標に!

 

そのおかげか、半年しないうちにうねりが改善して、

少しずつ元の髪質に戻りつつあります。

 

もうちょっと頑張って20代の髪を取り戻したいですね!

 

いる場所によって髪の毛の状態が違う

よく、旅行に行くと肌の状態が変わったり石鹸の

泡立ちが悪くなったりなどの変化があると思います。

 

もしかしたら鈍感な人は気づいていないかもしれませんが。

 

私の場合、石鹸やシャンプーなどの泡立ち、肌の状態、

髪の毛の触り心地などの変化には敏感です。

 

東南アジアに行ったときには髪の毛がふわっと上に

上がって「短くなる」のです。

 

不思議に思えるかもしれませんが、髪の毛を洗って

乾かした直後などが一番分かりやすいです。

 

ふわっとするのです。そして東南アジアよりは

乾燥している日本に戻ると、髪の毛がもっと

固く乾燥した感触になり、水分を含まないせいか、

ストンと真っすぐ長く下に伸びるのです。

 

なので前髪の長さがベトナムでちょうど良いと

思っていても、同じ日に日本に帰国したら

いつの間にか前髪がベトナムにいたときよりも

長くなっているのです。

 

笑ってしまうかもしれませんが本当にそうなのです。

 

乾燥している地域の方が髪の毛が真っすぐ

引っ張られるのかもしれませんね。

 

縮毛矯正、かければかけるほど効き目薄く?

今年の9月、私は人生3度目の縮毛矯正をかけてもらいました。

 

一番最初にかけたのがもう5年近く前になりますが、

あのときはもう奇跡のように髪の毛が真っすぐで

サラサラになりましたね。

 

二回目はそこそこ、そして三回目であった今回は一回目に

比べたらかなり効き目が落ちた気がします。

 

不思議なことに同じ美容院で同じ料金の縮毛矯正を

やってもらっているのですよ、それも同じ美容師さんに。

 

そして毎回縮毛矯正をかけてもらうときにはもう

前回かけてもらった髪の毛は全部切り落として

なくなっている状態なのです。

 

つまり何もやっていないバージンヘアでかけて

もらっていることは変わりないということです。

 

それなのに効き目が毎回弱くなるなんてなぜでしょうね。

 

年齢と関係あるのでしょうかね。年齢を重ねると

髪の毛の質が変わって縮毛矯正もかかりにくくなったりする、

なんていうことがあったりするのでしょうか。

 

いずれにせよ、今度かけてもらうときにはまた

違う美容院でかけてもらおうと思います。

 

痛み止めに身体が慣れてしまうのと同じように、

同じ薬剤に髪の毛が慣れてしまって免疫ができてしまう、

なんていうことあったりするのでしょうかね。

 

そのことをちょっと考えて、できるだけ違う薬剤を

使っている美容院に行ってみようと思っています、

今度は。

 

日本人は直毛?くせ毛?

日本人の髪質の特徴として、欧米人の髪に比べ約1.5倍の

太さがあり、そして「直毛」と言うのがあげられます。

 

しかし一方では日本人の7割は「くせ毛」とも言われています。

 

一体どちらが正しいのでしょうか。

 

太い髪というのは毛髪の断面が円形になりやすいので、

そもそも直毛になる確率が高いのです。

 

逆に細い髪は断面が歪み、癖が出やすくなります。

 

日本人は欧米人に比べ髪の太さが1.5倍もあるのですから、

直毛であってもおかしくはありません。

 

日本人の9割が生まれつき直毛と言われても、

驚くことではないのです。

 

もちろん生まれつきくせ毛という人もいます。

 

くせ毛は優性遺伝なので親から受け継がれやすい

特徴の一つです。

 

しかし実際は実に多くの人がくせ毛で悩んでいます。

 

食生活の乱れや、激しいダイエット、トリートメントや

ヘアケア剤による頭皮へのダメージなど、後天的に

くせ毛になる原因は多くあります。

 

そもそも髪質は成長により変化するものなのです。

 

「日本人は直毛」も「日本人はくせ毛」もどちらも

正しいことです。

 

髪質が年齢や、生活習慣によって変化、もしくは

悪化するものだという認識を持つことが

大切なことではないでしょうか。

 

猫っ毛で決まり難いヘアスタイルもカッカしなくなって長持ち傾向に

髪の毛が猫っ毛で全くボリュームが無いと、

毎日のヘアセットでさえもとても憂鬱に

なってしまいます。

 

朝方はしっかり決まっていたヘアスタイルも、

ちょっと湿度の高い外気に触れたり汗を

かいたりしただけであっという間にしんなりと崩れ、

頭にぺったりと張り付いてしまうのです。

 

これではいくら時間を掛けてヘアセットを

していても無駄というもの。

 

最近はストレートを完全に諦めてパーマを掛け、

無理やりボリューム感を演出する様にしているのですが、

これはこれでお金も掛かり、中々スッキリとした

解決法は見付からないものです。

 

ただ最近は仕事やプライベートで頭に血が上り、

カッカする事が無くなったおかげで頭皮からの

汗や蒸れも少なくなり、比較的朝からのヘアセットが

長持ちする様になったのは確かです。

 

もちろん季節や湿度といった周辺環境が最も

大きな影響を与えるのですが、少なくとも

空気が乾燥する秋から冬にかけて見れば、

髪がぺったんこになってしまうケースはだいぶ

少なくなった様に感じます。

 

何事も冷静に対処した方がメリットが大きい、

という一つの現れでしょうか…

 

白髪染めの後のケアを大切に

美容院で染めたり、パーマかけたり面倒だから、

私はここ数年自分で染めることが多いです。

 

昔はさらさら、髪も細かったですが、髪の毛の

からまりがとても気になるようになりました。

 

ある時、私は美容院で尋ねました。市販での

白髪染めなど…ヘアケアの値段の違いについて・・・

聞いてみました。

 

お店の人が教えてくれました。白髪染めの液の質は、

実は美容院も市販もそう変わりないと言われました。

 

ただ頭皮につかないように根元は気をつけてください、

その技術はやはり美容師のわざです。

 

あとトリートメントが違います、と言われました。

 

市販で染めるにしても、トリートメントは良いものを

選んでくださいと言われました。また洗い流すのは

2回洗い流してきださい。

 

実はシャンプーの良いものを使ってほしいとアドバイスを

受けました。

 

1000円くらいが良いらしいが、うちは無理です。

 

ただ白髪染めの後のトリートメントは良いものを

できるだけ毎日使うようにしています。

 

白髪染めで荒れた髪が回復できます。